【海外ILL】University of Illinois at Urbana-Champaign

 

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の図書館へのILL依頼方法を解説します。

 

 

支払い方法
  • IFLA Voucherやクレジットカード払いなどで支払いが可能です。
  • 現物貸借:$25 または 3 IFLA Vouchers
  • 複写:$15 または 2 IFLA Vouchers
  • 最新の情報や詳細などは,こちらのページで確認してください。

 

文献到着後,Invoiceが別途送られてきます。支払手続きは,Invoiceには支払手続きの方法やVoucher等の送付先住所などが記載されていますので,それに従って行います。なお,依頼時にIFLA Voucherでの支払いをコメントしておくと,Invoiceに手書きで必要枚数が記載されて届きます。

 

ILL依頼方法

ILLiadのシステムを利用して依頼を行います。ユーザー登録がまだの場合は,簡単に登録を行うことができますので,登録を行ってから貸借や複写の依頼を行います。まず初めに,”ILLのページ”にある「Non-University of Illinois Users」のページへ移動します。

 

「Login to ILLiad」のリンクがあるので,そこへ移動してILLiadにログインします。もしユーザー登録が済んでいない場合は,「request an ILLiad account」のリンクからユーザー登録を行います。

 

 

ILLiadのLogon画面で,UsernameとPasswordを入力してログオンします。ログオン後は,左側のメニューのNew Requestにある「Photocopy」(複写の場合や「Book」(貸借の場合)を選択して依頼フォームを開き,必要事項を入力して依頼を行います。なおこの時,「What is the maxcost you would pay for this item?」の入力欄は必ず入力しましょう(例:3 IFLA Vouchers)。イリノイ大は必須項目になっていますが,他の大学図書館のILLiadでは必須になっていない場合があります。入力しないと,「コストの上限を超えた」ということで依頼がキャンセルになることがあります。

 

 

依頼したILLの状態は,このILLiadのシステムで確認することができます。「Note」に「AE note sent」とあれば,複写物のダウンロードURLが記載されたメールが登録アドレス宛に届いているはずです。もし届いていない場合は,メール送信先を間違えている可能性があるので,メールで問い合わせましょう。

 

 

複写を依頼した場合は,次のようなメールが届きます。ダウンロード用サイトのURLが書いてありますので,そこへ移動し,やはりメールに記載されているパスワードを使って,複写物(PDF)をダウンロードします。

 

 

ダウンロードしたPDFは,利用者にそのままメール添付で送信することはできません。印刷して渡すようにしましょう。また,PDFを受領後はイリノイ大へ支払い手続きをしなければなりません。必要数のIFLA Voucherを送付します。なお後日,Invoiceが送付されてきますので,そのInvoiceを受領後に必要な支払手続き(Voucherの送付など)を行います。(図書館によっては,到着したらすぐにIFLA Voucherを送ってね,というところもあるので,各図書館の指示に従いましょう)

 

イリノイ大の場合は,複写メールを受信したら「返信メールをください」とメール文面に記載されているので,お礼のメールを送ります。以下は送信メールの文例です。

 

Dear colleagues,

 

Thank you for your ILL email.

We have downloaded the pdf and will send you 2 IFLA Vouchers.

 

Best regards,

●●●● ← 名前など

 

●●●● Library ← 図書館名

ILL Section

 

 

Last Update:2019/06/18

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です