【児童書紹介】かめー甕ー(「カオス・シチリア物語」より)

かめー甕ー

スイスイとテンポ良く読み進めることができました。飯野和好さんの絵は,味があってインパクトもあって,とても好きです。見開きで1場面なので,読み聞かせにも最適だと思います。最後のオチは予想に反してあっさりしていましたが(笑),これくらいが全体を通していいバランスなのかもしれませんね。対象は幼児から。

 

【Story】

油屋のどんごろえもんが,大豊作のなたね油を入れるため,大きなかめを特別に作らせました。ところが,屋敷に到着した翌日,大がめを見てみるとパッカリと真っ二つに割れてしまっているではありませんか。そこでどんごろえもんは,にかわ糊でかめを直す名人のとんじろうを呼んで,大がめを直してもらいますが・・・。

 

お話の原作は,オムニバス映画「カオス・シチリア物語」に収録されたお話の一つ,とのことで,どうしても絵本にしたくて舞台を日本に置き替えて作った絵本,とのことです。

 

 

【Book Information】


かめー甕ー(「カオス・シチリア物語」より) ※Amazonへリンクしています。

飯野和好(作)

ビリケン出版,2015,32p,31cm×22cm,本体1,500円(税別)

ISBN: 978-4939029608

 

 

【Related Entry】


【児童書紹介】めしくわぬにょうぼう(おばけ×行事絵本)

 

※画像提供:Amazon

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です