【児童書紹介】もうぬげない

もうぬげない

「ぼくのふくが ひっかかって ぬげなくなって もう どのくらい たったのかしら」 ふくが ぬげなくたって なんとかなる だいじょうぶ?

 

子供のころに誰でも経験したこと,そして子供を育てているお父さん,お母さんなら,誰でも経験したこと。そんなことをコミカルなイラストでクスっと笑わせてくれます。特に脇役?「おかあさん」の仕草が最高です。「わかるわかる」とすごく同感しちゃいます。子供と一緒にお母さん&お父さんも楽しめる絵本です。(親のほうが楽しいかも?) おススメの絵本です。

 

作者のヨシタケシンスケさんは,『りんごかもしれない』でMOE絵本屋さん大賞第1位と第61回産経児童出版文化賞美術賞を受賞。『ぼくのニセモノをつくるには』は第2回長野県本屋大賞CONTEMPORARY部門を受賞しています。筑波大学出身なんですね。僕と年齢も近くて親近感が湧きました。

 

ヨシタケさんの作品『なつみはなんにでもなれる』も児童書紹介に書いたのでご興味があればご覧ください。

 

(Book Information)

もうぬげない

ヨシタケシンスケ(作),ブロンズ新社,2015,28p,23cm×18cm

ISBN: 978-4893096098

 

※画像提供:Amazon

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です