【児童書紹介】なつみはなんにでもなれる

なつみはなんにでもなれる

「おかーさん! なつみはね すごくいいこと おもいつたよ!」 なつみがマネをして,おかーさんが当てるゲームが始まります。なつみのモノマネみんなはわかる?!

 

なつみのモノマネ・・・難しい! 答えを教えてくれる次のページをめくるのが楽しくて楽しくて仕方がない絵本です。なつみの想像力,恐るべしです(笑) 将来どんな大人になるんだろう,なんて余計な想像をしてしまいました。作者のヨシタケさんの絵が,とても可愛らしくていいですよね。最高の絵本です。最後のマネは皆さん分かりましたか? 答えは最後の最後にヒント?が??。

 

ヨシタケさんの作品で『もうぬげない』もご覧くださいませ。

 

(Book Information)

なつみはなんにでもなれる 

ヨシタケシンスケ(作),PHP研究所,2016,48p,17cm×17cm

ISBN: 978-4569786063

 

※画像提供:Amazon

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です