【児童書紹介】いくらなんでもいくらくん

いくらなんでもいくらくん

町なかに,みょうなお店ができました。お殿様が家来をよこしてみると,店主はなんとイクラのお寿司。イクラのお寿司が言うには「なんでもや」のお店とのこと。お城に呼ばれたイクラのお寿司は,お殿様にいわれるままに,ブドウや桜や花火をペペペと作り出します・・・。

 

いやぁ楽しい絵本です。”いくらくん”はかわいいし,”おとのさま”もいいキャラクターしていますね。主人公はいくらくんなんでしょうが,最後は「おとのさま,良かったね!」という気持ちにさせられます。

 

字が小さいのがマイナスポイントですが,それを差し引いてもこれはおススメ。幼児からどうぞ。読み聞かせにも。

 

(Book Information)


いくらなんでもいくらくん

シゲタサヤカ(作)

イースト・プレス,2013,33p,26cm×22cm,本体1,300円(税別)

ISBN: 978-4781610887

 

※画像提供:Amazon

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です